生前整理をする意義|家族を助けることにも繋がる

夫婦

元気なうちに片付けよう

女性

生前整理は終活の1つであり、生きているうちに荷物や財産を整理することを言います。現在、とても関心が集まっています。しかし。そのわけは、核家族など離れて暮らす家庭が増えているからです。急に亡くなった場合、大量の荷物を残すため、迷惑をかけてしまうと考える人が増えているのです。

生きているうちに行なう

ダンボール

近年、テレビや雑誌などで注目されているのが、生前整理と呼ばれるものです。生前整理とは、自分の死後に残された家族や親戚が、遺産などの相続問題などで揉めたり、苦労したりしないようにするものです。生きているうちから、財産や持ち物などを整理しておくことをいいます。亡くなった後の相続トラブルを事前に回避しておきたい、体に不調を感じ老人ホームに入居するので家の整理をしたいといった人に適しています。他にも今の家は大きすぎて掃除が大変など、こういった考えであれば、生前整理するのがおすすめなのです。生前整理では、普段は使用していない押し入れやクローゼットの奥に眠っているものから仕訳していきます。自分には思い入れがあるものでも、家族にとっては処分に困るものや、逆に本当は非常に価値のある高額なものなど、その価値を伝えないままでいることにより廃棄されたり、処分されてしまったりするといったこともあるのです。そういったことがないように、元気なうちから家族と共に十分に話し合い、誰もが喜ぶ形で残せるように準備しておくことが大事になってくるのです。しかし、自分だけで生前整理を行うというのは、体力的にも辛いものです。そこで、おすすめなのが生前整理を専門とした業者の存在です。専門の業者に依頼することで、重い家具の持ち運びも困ることがなく、処分品を引き取ってもらうこともできます。業者選びには、丁寧で親切、作業中の分別をきちんと行う、見積もり後の追加料金の発生がないなどの、信頼できる業者選びが大切になってきます。元気なうちから不用品を整理しておくことで、家のものが片付き、すっきりとした空間で、この先の人生の余計な不安を取り除くことができます。

接客態度を確認しよう

部屋

生前整理を行う場合には、荷物が膨大となって整理しきれない場合、業者に任せたほうが安心できるでしょう。処分だけでなく、不用品を買取してくれる業者もいる為、予算と接客態度を中心に確認する事が決め手となります。

老後を快適に過ごすなら

作業員

生前整理を行っておくと部屋もきれいになり老後もより快適に過ごせるようになりますし、遺品整理での遺族の負担を減らすこともできます。できるだけ元気なうちから始めておきたいですが、困難な場合は専門の業者に依頼することもおすすめです。